読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

迷子の大人惑星ノート

西洋占星術(ホロスコープ占星術)のチャートから時折顔を上げ、 実際の宇宙や天文を楽しむ準星空案内人。惑星ファンといっても物理が苦手な中年宙女(そらじょ)の 考察ノート。

母の日にエドガー・アラン・ポーと月

爽やかで気持ちの良い日曜日の今日は「母の日」

母への想いを送るという意味で探していたら、
エドガー・アラン・ポーが義母に贈った詩"To My Mother"が目についた。

To My Mother
by Edgar Allan Poe

Because I feel that, in the Heavens above,
The angels, whispering to one another,
Can find, among their burning terms of love,
None so devotional as that of “Mother,”
Therefore by that dear name I long have called you—
You who are more than mother unto me,
And fill my heart of hearts, where Death installed you
In setting my Virginia's spirit free.
My mother—my own mother, who died early,
Was but the mother of myself; but you
Are mother to the one I loved so dearly,
And thus are dearer than the mother I knew
By that infinity with which my wife
Was dearer to my soul than its soul-life.


学生時代、ポーのおどろおどろしいゴシック小説「アッシャー家の崩壊」より
論理的にスカッと解決していく推理小説「モルグ街の殺人」や「黄金虫」のほうを好んで読んでいた。
今となっては古典となった彼の作品を読む人は少なくなっているのだろうか。

中年になって初めてN.Y.を訪れた時、彼が「大鴉」を執筆した建物跡にある
エドガーズカフェでお茶を飲んだ思い出がある。

http://edgarscafe.net/

久しぶりにページをめくってみたポーの世界。
家庭に恵まれなかった彼が妻の母に贈った詩を目にして
母という存在に改めて想いを寄せることとなった。

f:id:wakuseifan:20160515113604j:plainf:id:wakuseifan:20160515113737j:plain

(N.Y.の書店で$19.98で買った立派な装丁の本) 

 

【5月9日~15日の応援ポイントby大人惑星】

母の日から続くこの週は、月が蟹座に入るところで惑星が良い小三角形を結ぶ。
月を支配星にもつ蟹座は母性の象徴なので何ともピッタリな流れとなり、週半ばは特にいつもより月が魅力を増しそうだ。

牡牛座にいる太陽に向かって金星が進み、水星がオーライ、オーライとバックしてすれ違う。
その3惑星と9日から順行に移る乙女座の木星が蟹座に入る月とタッグを組む時、
何とも優しく、あれこれと心を配って守ってくれる母なる愛に包まれるような、そして
そんな愛情をもって接することができるような場面に遭遇するかもしれない。対岸の山羊座で逆行しながら睨みを利かせている冥王星が気になるが、今週は地に足の着いた母のような強い心をもって過ごすと星が応援してくれそうである。