迷子の大人惑星ノート

西洋占星術(ホロスコープ占星術)のチャートから時折顔を上げ、 実際の宇宙や天文を楽しむ準星空案内人。惑星ファンといっても物理が苦手な中年宙女(そらじょ)の 考察ノート。

水瓶座の機長

アメリカの航空会社に勤めていた友人から展開がなかなか良いよと薦められて借りたDVDは『ハドソン川の奇跡

2009年にアメリカで起こったUSエアウェイズ1549便ハドソン川への不時着水事故の実話を題材にしている。奇跡的な生還劇として世界的なニュースとなり記憶に残っている方も多いはずだ。

ニューヨークのラガーディア空港を離陸して直ぐの1549便が鳥の群れによるバードストライクに遭い、2基のエンジンが故障して近隣の空港までもたないと判断した機長がハドソン川に不時着水を決行し、乗員乗客155人全員が生還できたという美談であった。

映画では国家運輸安全委員会(NTSB)によって事故原因の調査が行われ、機長の判断が適切であったかどうか厳しい追及を受ける。155名の命を救った英雄が何故追い込まれるのか、疑惑は晴れるのか、その展開が映画の見せどころだと思う。

事故が発生して不時着まで僅か3分28秒。その僅かな時間内で適切な判断をした映画の原題名 "Sully"と呼ばれる実在の機長の星を知りたくなり早速検索してみた。

インターネット上で公表されている生年月日の星たち
太陽 水瓶座
月 獅子座
水星 山羊座
金星 水瓶座
火星 魚座
木星 魚座
土星 天秤座
天王星 蟹座
海王星 天秤座
冥王星 獅子座

生命力となる太陽は水瓶座にあり、感情など私的な面を表す月は獅子座にある。太陽と月が両極という緊張する位置にあるものの、綱引きとなるそのオポジションを調停するように冷静で実質的な土星が天秤座でバランスをとっている。

大衆を象徴する蟹座に飛行機等の近代的乗り物を表す天王星をもち、その蟹座と綱引きとなる山羊座の位置にコミュニケーションを表す水星をもち、献身的に尽力する魚座にもつ火星と木星がそのオポジションを調停している。

自分のチャート内でバランスをとれることが局面を迎えた場面で活きてくるのだろう。そして何よりも太陽が水瓶座にあるということが、飛行機の機長に向いていたのだと思える。

水瓶座の太陽は以前にも触れたように、その象徴はトロイの美少年ガニメデが抱える英知をたたえた水瓶。知的で客観的な視点をもち、冷静で因習にとらわれない改革家(自由人)でありながら、我慢強さがあり、最良の方向へ全力を向ける判断能力があるといわれている。メカにも強い人が多い。(今回は水瓶座の長所ばかりをピックアップ!乗客の命を救った機長の太陽なので)

下記はその日の離陸から不時着水までの再現リアルアニメーション。

youtu.be

 太陽は現在、占星術上の番地では水瓶座に滞在中。水瓶座のメカの強さと冷静な判断が活きる時期としたら、メカに弱く冷静な判断力に欠ける自分は水瓶座的な友人に耳を傾けようと思う。

広告を非表示にする