読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

迷子の大人惑星ノート

西洋占星術(ホロスコープ占星術)のチャートから時折顔を上げ、 実際の宇宙や天文を楽しむ準星空案内人。惑星ファンといっても物理が苦手な中年宙女(そらじょ)の 考察ノート。

牡牛座太陽と天秤座木星とピンク

現在占星術上太陽は牡牛座(@sign)に、吉星である木星は天秤座(@sign)に滞在している。牡牛座も天秤座も支配星は愛と美の司神ヴィーナス、金星である。

さて、諸説があるものの、この二つの星座が共有しているラッキーカラーはピンク。金星を支配星にもつだけあって、ピンクというのが心にくい。

今となっては女性だけでなく、ピンク色を身に着ける男性は多い。中年宙女もピンク色のシャツなんぞが似合う男性はいいなと思う。そんなことを言いつつも、色に男女の境界線が無くなってきたとはいえ、ピンクが女子力の象徴と謳われるのは悪いことではないと思う。

新しい映画等でも引用される女優オードリー・ヘップバーンによる下記の言葉はやはり女性を元気づけてくれるものだ。
I believe in pink. I believe that laughing is the best calorie burner.
I believe in kissing, kissing a lot. I believe in being strong when everything seems to be going wrong.
I believe that happy girls are the prettiest girls. I believe that tomorrow is another day and I believe in miracles.

"私はピンクを信じる。笑いがカロリーを一番消費するものだと信じる。
キスをたくさんすべきだと信じる。何もかもうまくいかない時も強くあるべきだと信じる。
幸せな女の子が一番綺麗だと信じる。明日はまた新しい一日になるのだと信じる
そして奇跡を信じる。

 

そもそもオードリー・ヘップバーンフレッド・アステアと共演した映画「パリの恋人/Funny Face」の中に"Think Pink"という曲があり、その中で女性に"joie de vive(生きる悦び)"をもたらすピンクの力を表現している。

ピンクをラッキーカラーにもつ牡牛座と天秤座。その星座にパワフルな太陽と木星が滞在している。自分の五感を使って、美しいものを実際に手に入れて触れていく牡牛座の太陽の力と、客観的な価値観や、思考的な判断で美を愛でていく天秤座の木星の力を場面によって活かしていきたいものだ。何かピンク色を身につけて。

 

youtu.be