読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

迷子の大人惑星ノート

西洋占星術(ホロスコープ占星術)のチャートから時折顔を上げ、 実際の宇宙や天文を楽しむ準星空案内人。惑星ファンといっても物理が苦手な中年宙女(そらじょ)の 考察ノート。

新月に発足

8月3日の今日、第3次安倍第2次改造内閣が発足した。折りしも今日は獅子座の新月。公の場で輝く獅子座は政治という祭り事に関連の深いサインである。何とも絶好のタイミング。星をよむ方がいる?

【8/01~8/07の12星座応援ポイントby大人惑星】

今週は3日に獅子座で新月を迎え、火星が射手座に移動、6日には金星が乙女座へ移動します。獅子座の新月に射手座で逆行する土星がトライン。そのトラインに蠍座から移動してくる火星が向かっていきます。 木星がラストスパートを効かせている乙女座には水星が…

ピアニスト中村紘子氏の訃報

7月26日にピアニストの中村紘子氏が逝去された。日本を代表するピアニストとして時代を築いてきた方だ。華やかでパワフルな演奏と美しい容姿でまさに女王として君臨されていたと記憶している。 公表されている生年月日は1944年7月25日。演奏家としてふさわし…

【7/25~7/31の12星座応援ポイントby大人惑星】

今週は27日に牡牛座で下弦の月を迎え、31日に水星が乙女座へ移動します。 前半は獅子座の太陽、牡羊座の月、射手座の土星が三角形を結び火の宮のグランドトラインに、27日に牡牛座で下弦の月を迎えた後に、蠍座の火星と月がオポジションになり水星が乙女座に…

31日都知事選投票日と3候補

31日の都知事選挙を前に多くの人が誰に投票したもんかと頭を悩ませているようだ。是非この方に!!という候補者がいない場合は、「より悪くない人を選ぶ」方式の消去法で投票するしかない。悪い人を当選させてしまうことに繋がる棄権こそ、危険なのだから。 …

山羊座の徳川家康と今週の応援ポイントby大人惑星

山羊座の代表格は「鳴くまで待とうホトトギス」の徳川家康だろう。長期スパンで結果を出していくために、忍耐できる不屈の精神をもつ山羊座である。 以前NHK総合テレビの「歴史秘話ヒストリア」で放映された~天下人・家康と子どもたち~をたまたま観たの…

参議院議員選挙の日。応援ポイントby大人惑星

本日の参議院議員選挙の開票結果はこれから。どんな結果を迎えるのだろうか。本日の太陽は蟹座で乙女座の木星とセキスタイルとまあまあな角度。水星と金星も蟹座で合となっている。選挙スタート時の月は乙女座にいて、17時半過ぎには天秤座に移動している。…

北斗七星が輝くビオディナミワイン

昨日貰い物のワインをさあ飲もうとじっくり見たら、何とラベルに北斗七星が輝いていた。PASCAL CHALON COTES DU RHONE "LA GRANDE OURSE"「グランド・ウルス」はフランス語で「おおぐま座」だそう。そのおおぐま座のおしりから尾の部分にあたるのが北斗七星…

木星の軌道突入直前!NASAの木星探査機「ジュノー」

NASAの木星探査機「ジュノー」が7月4日、5年間の飛行を経て木星に接近し、木星の周回軌道に入る段階となったようだ。 木星の軌道に入ると探査機は20か月の間に木星を37周する予定だとか。探査機がその軌道上を回るのは初めてのことになり、木星の中心核…

【7/4~7/10の12星座応援ポイントby大人惑星】

4日には月が支配星となる蟹座(占星術的星座@sign)で新月を迎えます。 その先には金星が輝いていて、水星は新月に重なった後にその金星に追いつきます。4惑星が蟹座に集合して煌びやか! 乙女座にいる木星とも良い角度で迎える新月は、対面する冥王星、魚…

7月に懐かしい「青い珊瑚礁」から月と地球の関係へ

7月に入り本格的な夏の陽射しを浴びるようになると、大学のテニス同好会夏合宿なんぞで真っ黒に日焼けしながら人生の厳しさも知らずに汗を流していた光景を思い出すことがある。 聖子ちゃんの「青い珊瑚礁」が流行っていたっけ。合宿所のカセットデッキ?!…

古代ギリシャ展で頭を垂れる

一昨日、東京国立博物館の「古代ギリシャ展」へ。星関連ではしばしばギリシャ神話の神々にお世話になっているので、感謝を込めて拝観した。金細工もフレスコ画も赤像式陶器も素晴らしいけれど、やはり大理石の像やレリーフの美しさに惚れぼれ… ギリシャ世界…

イギリスEU離脱と応援ポイントby大人惑星

23日に行われた国民投票でイギリスは欧州連合(EU)を離脱することになった。EU加盟国間の所得格差、失業率の差等から生じる経済不均衡の混迷や難民問題、特に大量の移民流入問題がその背景にあると報じるコラムが目につくが離脱による影響が今後どのように…

夏至の日ライトダウンと応援ポイント

今年は6月21日が夏至の日となる。地球から見て太陽が通るように見える黄道と天の赤道の交点である春分点0°から東へ90°の地点(黄経90°)に太陽が位置し、太陽の高度が最も高くなる瞬間が夏至である。 夏至の日の直前に満月を迎える空では、月のそばに土星や…

雲が隠した月と応援ポイント

本日12日(日)17時10分に上弦の月を迎える。そのぐっと前の4時38分に月が木星の南に1°29′と見かけ上接近するようだ(『天文年鑑2016』6月の空より) 昨夜21時過ぎに取りあえず南西の空を見上げて上弦間近の月に近づく木星を観ようとしたら残念。雲がかかっ…

今宵のPC作業はフォーレの『月の光』を聴きながら

PCに向かって作業をしている間は基本的にBGMでクラシックかジャズを流している。Media Playerで気に入ったアルバムを聴くこともあるが、インターネットラジオを利用することが多い。大体がVenice Classic Radiohttp://www.veniceclassicradio.eu/かJazzradio…

月と君主と応援ポイント

本日5日12時に新月を迎える。 占星術的番地星座@signでは双子座で、天文学上の星座@constellationではおうし座で迎える。新月の前に月はアルデバラン(おうし座の一等星)に接近していると聞くと、今更ながら太陽も月も本当におうし座にいるのだと感慨深い…

星のソムリエ+α

31日には雲が多くて観望が難しかった火星接近ショーだが、1日にはとても綺麗に輝く火星が土星やアンタレスと三角形を結ぶ姿を堪能できた。 春の大三角や、北斗七星まで楽しめる最高の夜だったが、友達には火星に焦点をあててお知らせした。 日常夜空を眺めて…

最接近する火星観望の行方

ご存知の方も多いだろうが、31日6時34分火星が軌道上で地球に最接近し、今回は約7,500万㎞の距離まで近づくそうだ。 地球の方が火星より公転周期が短く、太陽の周りを回る速さが違うため、それぞれの軌道上でお互い近くなったり、遠くなったりすることとなる…

「12」という数と応援ポイント

仏事があり、ほんの数分だったが直接浄土宗のお坊さんのお話を聞く機会があった。 平安時代までは公家や貴族出身の者しか僧侶になれず、選ばれた12名が15歳から12年間、比叡山で修行をしなければならなかったそうだ。その12年間は一度も下山することは許され…

ヒロシマから地球を考える。

71年前、広島と長崎に原爆投下したアメリカ。その現職大統領が27日初めて広島を訪れた。歴史的意味や政治的思惑などは専門家に任せて、一般人である一日本国民としてオバマ大統領が現実に足を運び、10分でも原爆資料館を見学し、慰霊碑に献花をしたことはと…

今宵は満月直後の月に土星、火星、アンタレスが集合!

本日5月22日は薄明が終わる21時前から23日の明け方にかけて、満月ちょっと過ぎの丸い月と土星の接近が見ごろのようだ。 その近くで赤く輝く火星が太陽-地球-火星とまっすぐ並ぶ衝となり、さらに火星ともう一つの赤い星、ちょっと暗めの蠍座のアンタレスも…

火星までは冬眠してGO!

NASA Innovative Advanced Concepts = NIACという航空宇宙科学への新しいアプローチを探るプログラムのもと、NASAが選んだ8案の発想が桁外れだ。その中で驚いたのは火星までの道のり、人を「冬眠させる」というアイデアだった。 他にも凡人には???の案…

月が木星に接近する日と応援ポイント

昨日は水星が金星の南を通り、見かけ上0°26′に接近していたようだが、本日は昨日上弦だった月が木星に接近して見えるようだ。 今宵は是非夜空を見上げてその輝きや月の動きを堪能し、観ている自分も宇宙の一部であることを味わいたいと思う。雲が心配だが、…

上弦の月とスマホアプリで知るワインの味

本日占星術的には獅子座で月は上弦となる。 普段月齢を気にして空を見上げる方はあまり多くないかもしれないが、月相のサイクルで自分の気分の浮き沈みや人生の出来事のパターンを探るという切り口がある。 難しく考えずに、新月、上弦、満月、下弦という特…

母の日にエドガー・アラン・ポーと月

爽やかで気持ちの良い日曜日の今日は「母の日」 母への想いを送るという意味で探していたら、エドガー・アラン・ポーが義母に贈った詩"To My Mother"が目についた。 To My Motherby Edgar Allan Poe Because I feel that, in the Heavens above,The angels, …

組曲「惑星」@ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン2016

東京国際フォーラムで開催されている「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン2016」で新日本フィルハーモニー交響楽団演奏ナビル・シェハタ指揮によるホルスト作の組曲「惑星」op.32全曲を堪能した。 フランスのナント発祥のラ・フォル・ジュルネは年に一度開…

5月2日~8日応援ポイントby大人惑星

5月に突入!さて、先週から引き続き牡牛座が元気でスポットライトを浴びる週。 7日に牡牛座で新月を迎える。その新月に逆行してくる水星が重なり、金星もゆるく重なろうと新月に向かって進んでくる。 逆行している山羊座の冥王星や乙女座の木星がきっちりト…

4月25日~5月1日応援ポイントby大人惑星

遅まきながら今週の傾向と対策を。 牡牛座にある太陽が乙女座を逆行している木星と山羊座で逆行している冥王星と重なる月と共にグランド・トラインを結ぶ。 乙女座の木星と魚座の海王星を結ぶオポジションがトライン三角形の背骨となっている。 ともかく地の…

見えない流星群と小さい満月

熊本地震で被災された方々には心からお見舞いを申し上げるとともに一日も早く安全で安定した日常生活に戻れますよう祈念しております。 日本中どこにいても、同じ立場になる可能性がある今。自分達に何ができるか。寄付金や義援金、義援物資を送る、ボランテ…

4月11日~17日【惑星応援ポイント】

新年度がスタートしてからというもの、通勤途中で見かける新入生の新しい制服や新社会人の新しいスーツ等、着崩していない生地の光沢からフレッシュな雰囲気を味わっている。まだ馴染まないでいる多少の緊張感が、この時期には心地良いものに思える。毎朝見…

太陽と天王星の合 on Sunday

明日の日曜日、太陽と天王星が合となる。占星術的サインでは牡羊座で合となるので、天王星と太陽は火の宮にいることになる。天王星の象意はテクノロジーや変革、そしてオリジナリティー溢れる発想や叡智など。 関連して思い浮かぶのはアメリカのスペースX社…

scope(見るもの)

西洋占星術で鑑定するときに作成するチャート・ホロスコープ(horoscope)は、ギリシャ語のHora(時間)とSkopos(見るもの)が由来といわれている。その言葉に込められている意味はある瞬間の天体の位置関係から、その時間の性質をみるものと星の学校で習っ…

star---ting

今日は新月。春の嵐に翻弄される一日となった。 そんな中でも新しくスタートを切った人が多いことだろう。出発や始まりを表すstartingという英語の中にはstarという文字が輝いている。 人生は短い。元気にstartを切れる幸せを感謝しよう。 The Rolling Stone…

7日の新月

7日20:25に牡羊座(sign)で新月を迎える。太陽、月、金星、天王星と4つの惑星が牡羊座にオンパレード!となる。長らく牡羊座に留まっている天王星のレーダーにばっちり新月が入ってくる強烈な一日になるようだ。 今日入学式の新入生たちは、やる気満々であ…

マイ・ホロスコープが一番

グランドトライン等、惑星同士の良い角度が多い人のホロスコープを観ると運が良くていいなぁ~と思わないこともない。 しかし、持って生まれたものを上手に活かして自分らしく生きていくことが「置かれた場所で咲く」ことだろう。 世の中には名誉や地位に恵…

月の刺激

私が個人の占星術鑑定をする場合は 現在運行している惑星の位置から作成するチャート→トランジットのホロスコープ。個人が生まれた時点の惑星の位置から作成するチャート→ネイタルのホロスコープ。出生後の1日は人生の1年と考えて進行した惑星の位置から作成…

桜と月

昨年は満開の桜の木の上に輝くほぼ満月の写真を撮って、東山魁夷の作品のようだと友達にホメられたが、今年はそんな名作を撮るチャンスが無かったようだ。 今年の4月1日は下弦の月だったことを考えると、月が昇ってくる時間帯は夜中の12時を過ぎてから。夜桜…

4月4日~10日【惑星応援ポイント】

新年度がスタートとなり、新入生、新社会人、新天地に向かう転職組等大きな環境の変化がある人から、日々のルーティンワークのマイナーチェンジでイラッとしている人まで満開の桜の下、世の中の動きを感じる今日この頃というところだろうか。 4月4日からの週…

ひと休み

もう日付が変わってしまったけれど、1日は下弦の月でした。太陽から東に向かって270度の位置にあるのが下弦の月。 360度と回って月が太陽と同じ方向に来た時が新月。 ということで満月は180度の位置。 今日はお疲れな中年宙女。月を見てさ迷う人にピッタリ、…

星座signと星座constellation

毎週のホロスコープ鑑定の原稿を書いていることもあり、トランジットの惑星の位置(実際に公転している惑星の位置)は大方頭に入っている。 ただし、西洋占星術が示す星座は占星術的番地の名称のようなもので、実際の天文学上の星座とは違う。 英語では占星…

1番好き

太陽が牡羊座に入っている時期なので、再度牡羊座について。昨日は「魅力」としたので、今日は裏返して… 1番でいたいということは、自己顕示欲旺盛ということにもなる。人のことを気にして気ばかり遣っていたら、ダイナミックな行動はできないからね。ガンガ…

牡羊座の魅力

占星術的には現在太陽は牡羊座にいる。 牡羊座の魅力といってすぐ浮かぶのが溌剌としたダイレクトな表現。結構年配の方でもストレートに表現されるので、若々しく思う。負けず嫌いで何でも一番が好きで突っ走るけれど、策を練る腹黒さがないので憎めない。素…

生活応援ツール!としての占星術

毎日フツーに生きているだけで、色々な人と袖触れ合うものだ。もちろん善人ばかりではないし、悪人ばかりでもない。両面兼ね備えているのが人間というもの。同じ人間でも、立場が違えば見せる顔だって違ってくる。そうはいっても人間関係は悩ましいのよぉ。 …

再び木星について

昨日観た木星の公転周期は約12年。 西洋占星術的には12年に1度、自分の星座に巡ってくる吉星と考えられている。木星が自分の星座に巡ってきた期間は幸運期というわけだ。 ただボーっとしていて幸せが舞い込むことではない(中にはそういう人もいるけどね)。…

木星と4つのガリレオ衛星

準星空案内人の中年宙女は本当の星空案内人を目指してまだまだ学びの途中。望遠鏡の組立てや操作等、地道な練習が必要なのだ。 本日は雲が多いため、星は観えないかもと期待しないで望遠鏡操作の練習場所、某公園へ。現場へ到着すると、ラッキーなことに雲が…

1等星は21個

冬の星空は1等星が多いので、都内でも雲のない夜は帰宅途中の道すがらすぐに見つかり星空を楽しめる。 ~等星とは「光度」とか「等級」といった明るさを表現するもの。目安として肉眼でやっと見える星が「6等星」、その100倍明るい星が「1等星」 したり顔で…

太陽とアンパンマン

地球から太陽までの平均距離が約1億5千万キロメートル。それを1天文単位と呼び、1AUと記号であらわすことを知ったのは星空案内人の勉強をしてから。 1天文単位は秒速約30万㎞の光で8分20秒かかる距離って聞いても未だにピンとこない。そんなに離れているの…

天秤座の満月&半影月食

見ごろの20時過ぎにはくもりとなり、本日の満月&半影月食見られず残念だった。今年は8月18日、9月17日と、後2回半影月食があるそうなので、スマホのカレンダーに記録して再トライに繋げよう。星空を楽しもうと予定しても、天候に左右されるのがつくづく痛い…

忘れずに見上げよう!

今日の帰宅途中、空を見上げて明日23日に満月を迎えることを思い出した。ほとんどまん丸と思って月を見ていると、その上にキラキラ輝く星が…???木星だ!!職場でのイライラに埋もれてうっかり天体ショーを見逃すところだった。 明日は満月。それも半影月…